子どもを守る防災教育の重要性

今から始める防災対策

防災への関心

文部科学省では、防災教育のベースとなる資料類を作成し、小学校教職員用研修資料、中学校・高等学校教職員用研修資料などを作成し、各学校に配布してあります。
教育現場においては、発達の段階に応じた防災教育に取り組んできました。

主な災害といえば、地震や津波、台風などの自然災害や火災だけでなく、交通事故、学校活動中の怪我なども含まれます。
また、侵入者からも子どもたちを守ることや、熱中症の予防、さらに個人情報管理の徹底、いじめに関する問題なども含むと多岐にわたっています。
しかし、自然災害に対する危機管理は、学校安全の基礎的・基本的な位置づけになっているようです。

自然災害とは、人の命にかかわり、社会的活動にも被害が生じる災害をいいます。
日本は、世界一の被災可能性が高い国であり、自然災害リスクも世界一となっています。
平成23年3月に発生した東日本大震災以降、改めて学校防災の在り方を考え直す機会となりました。
もし、大きな災害が、夏休みなどの長期休業中や子どもたちが学校外にいる時間帯に発生していたら、子供たちはどのような行動をするのか、学校はどのように情報管理をするのかなど、防災対策の課題もあります。

また、今までに起きた大きな自然災害時には、学校が避難所になると、教職員が生活支援の一端を担っていました。
そこに時間を費やすことにより、子ども達の安否確認や、教育活動の再開をめざす本来業務に支障をきたしたとの報告もあります。
災害時における学校・教育委員会等の役割と防災体制、学校施設の防災機能や耐震性、地域での防災教育の在り方についてなども、今後の課題といえます。

学校における災害とは

昔から地域に伝わっていることわざや経験者の話などには、防災に欠かせない重要なヒントがありますね。 大きな災害があるたびに「風化させてはいけない」と人々は思います。 子どもたちに何を伝承していくか、防災教育における役割は何か、大人たちがしっかりと認識していることが大切です。

避難生活と復興への歩み

学校では、定期的に火災や地震の避難訓練を行っています。 防災頭巾をかぶって机の下に入る訓練は、何十年も前から続いています。 合言葉は、「地震、頭を守れ」になっていて、地震時の訓練も行われています。 ご家庭でも、「地震、火を消せ」よりも頭を守ることが優先される時代になっています。

防災意識と生存スキル

子どもは、地域で育てるものと言われています。 「教育」とはいうものの、防災に関する教育は学校に丸投げすることはできません。 防災に限らないことですが、学校が役割をとれること、親や周囲のおとなができること、子どもが自らできることを、共通認識しておくことが重要です。

おすすめリンク

水回りの増設に必要な手順

キッチンや洗面所などの水回り、より快適に使うためには増設もおすすめ!その手順を説明します。

マンションサイズの仏壇特集

置く場所が限られている家庭向けのマンションサイズの仏壇を特集しました!ご自宅に合ったものが選べます!

メディアで話題の埼葛斎場

数々のメディアでも取り上げられている葬儀社、埼葛斎場。まだ知らない人のためにご紹介します。

お墓を建てたい人のための墓石の情報

親族を亡くした人、いずれは自分のためお墓を建てておきたい人に、墓石についての情報をお教えします!

最近評判が良いユニットリンクの実情

今注目を得ているユニットリンクについて公開!実際に加入している方からの評判を口コミ形式で掲載